桐生タイムス | 卒業記念に壁画づくり 学びやへの感謝込め

きょうの夕刊

LinkIconニュース一覧へ

卒業記念に壁画づくり 学びやへの感謝込め

2013-3-6

 桐生市立川内小学校(朝倉教子校長)の6年生85人が学校のプールを囲うブロック塀に壁画を描いている。卒業記念と学びやへの感謝を込め、経年で黒ずんだ塀をきれいにしようというもの。3クラスがそれぞれテーマを決め、家庭科の時間を利用して制作中。15日までに完成する予定だ。
 3学期の始まりと同時に、下絵となるデザインをクラスごとに決めるなどの作業を開始。用務員が白く下塗りしてくれた長さ4メートル、高さ1・5メートルの"キャンバス"に水性ペンキで2月末から絵を描き始めた。
 壁画のテーマは1組が海、2組が虹、3組がプール。市のキャラクター「キノピー」と県のキャラ「ぐんまちゃん」を必ず入れるのが条件だ。全員で役割分担しながら和気あいあいと作業を進めている。5日は2組の児童たちがはけを手に絵を仕上げていった。
 下絵のデザインを担当した中島菜月さん(12)は「下級生に喜んでもらいたいと思って考えました。虹を入れたのはカラフルで見た目もきれいだから。みんなで楽しくできて思い出になる」と話していた。