桐生タイムス | 広告塔

ぞうき林

広告塔

2011-1-6

 今年の正月号でみどり市出身のアイドル、小倉唯さんを取材した。ユニット「ゆいかおり」としてのCDデビュー、声優の仕事のこと、将来の夢などいろいろインタビューしたが、一番盛り上がった話は「上毛かるた」と「焼きまんじゅう」。けげんな表情をしていた東京出身のマネジャーさんを相手にふたりで説明を試みたが、いまひとつ理解してもらえなかったようだ▼小倉さんと同じく、大学進学で群馬を離れるまで焼きまんじゅうが祭りの屋台として一般的でないとは知らなかった。上毛かるたは「上毛」だけに群馬県だけのものとは知っていたが、群馬出身者のほとんどがそらんじられることに驚かれたのには、こちらの方がびっくりしたものだ▼ただ、この上毛かるた。三十路を過ぎた今でも取り札の絵も鮮やかに記憶しているが、その札に詠まれた史跡や名勝、人物については知らないことの方が多い。昨年3月、小学生向けの副読本が発行された時は「ほしい」と思ったが、同じ考えの人は多かったようで、県内書店ではベストセラーになったそうだ▼県では副読本に続いて今年3月、上毛かるたのガイドブックを発行するという。44組の札の解説を関連の史跡や周辺の名所、地図とともに掲載するらしい▼折しも群馬の観光をPRする「群馬デスティネーションキャンペーン」が行われる今夏。自慢げに上毛かるたをそらんじるだけでなく、解説もできたら、県外の人にももう少しうまく群馬の魅力を伝えられるかな。(野)